9月13日(火)に、福岡県の大川市に行ってきました。

大川市といえば家具生産日本一で有名ですが、

それに伴い、製材所も数多くあります。

今回大川市に行った目的は 製材所でいろんな木材を見るのが目的でした。

アーキテクトファミリーでは一般住宅や店舗など手がけているので、

カウンターやテーブル、看板などに使える木材をいろいろ見たかったんです(^◇^)

今回訪問させていただいた製材所は

事務所も展示場も全て木で出来ていました。

壁も天井も椅子もテーブルも木です。

CIMG3530

木材で出来た事務所はとても雰囲気が良いです。

敷地内には まだカットする前の木が置いてありましたが

これまた大きい~~~。

CIMG3529

我がAF社長がちっこく見える!

後ろに下がっても下がっても木が全部カメラに収まらないので

あわてふためきながら写した結果、地面が半分占めているという

ひどいアングルになりました(´д`)

CIMG3515

こちらはギターなどに使われる材料らしく、

40~50cmほどの長さの小さめな木材でしたが、5万円以上もするそうです。

これは敷地の端っこに積み上げられている様々な木材の破片。

CIMG3526

この状態でも社員の方は木の名前が言えるそうです!(゚□゚;)

木の香りや皮などで判断ができるそうですよ!!

ちなみにこちらの製材所では、約150種類の木材を取り扱っています★

この材木でカウンターとか作りたい!!と思うような材木がいっぱい

ありましたが、一枚で20万円30万円するようなお値段がゴロゴロ。

ちょっとお高めではありますが、カウンターやテーブルの

天板にこだわりたい方にはぜひともおすすめしたいです(´∀`人)

製材所に貼ってあった「大川木工まつり」ポスターが気になり、

CIMG3533

大川市役所に行って聞いてきました。

さすが家具で有名な市だけあって、「インテリア課」という課が存在します。

年に4回あるお祭りだそうですよ

時間があったら行きたいな~。

さて、アーキテクトファミリーでは

住宅や店舗の設計・デザイン・施工など承っています。

素敵なカウンターやテーブル製作依頼もお気軽にどうぞ~(*´∀`)ノ

事務員S