現在、アーキテクトファミリーで進行中の現場のひとつに、

福城屋さんという、新町にある酒屋さんの工事があります。

看板・シャッター・テント・壁の一部工事です。

10月13日は看板の一部の工事をやっていて

山鹿の町並みでも使われている「黒漆喰」を取り入れました。

福城屋さんは昭和十三年から続く老舗の酒店なので

イメージ的に黒漆喰は似合うはず!

といっても、実際に黒漆喰を塗る前に

どの程度の色合いを出すのかを、ためし塗りでチェック

しておかないといけません。

色を足してみて ちょっと違うトーンも試してみたり。

塗りたては真っ黒な墨のような感じでしたが

乾燥するとこんなかんじに。

111013_143844

お~~。いい色!

111013_143910

OKを出して、職人さんに丁寧に塗ってもらいます。

黒漆喰を使う場所はごく一部なんですけどね(*´ェ`*)

塗り終えて乾燥した時間に我がAF社長がチェックしに行ったそうで

「すっごい いい色だった!!」

と、予想以上にいい出来に大満足の様子で戻ってきました。

完成が待ち遠しいですね~!

工事が全て終わるのは来月になるので

完成した頃にぜひ 新町の福城屋酒店を皆様にみてほしいです!

事務員S